読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバルヒストリーのなかの近代歴史学

平成26年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR共同プロジェクト研究)

公開シンポジウム「近代日本の偽史言説 その生成・機能・受容」(2015年11月7日・8日)

 11月7日(土)8日(日)に下記のシンポジウムが開催されます。ご関心のある方は足をお運びください。

 

立教大学日本学研究所公開シンポジウム

近代日本の偽史言説 その生成・機能・受容

 

日時:2015年11月7日(土)・8日(日)

場所:立教大学池袋キャンパス5号館1階第1・第2会議室(変更しました)

主催:立教大学日本学研究所

共催:立教SFR「グローバルヒストリーのなかの近代歴史学

 

 過去の世界は歴史家によって記述される。アカデミックな訓練を受けた歴史家が記述し、歴史家集団から一定の承認を受けるがゆえに、歴史は多くの人がみとめる基準としての歴史たりうる。しかし、わたしたちが生きる世界で生み出される歴史は、そのような歴史家による歴史記述ばかりではない。偽史というジャンルも、そのひとつである。

 「チンギスハンは源義経である」、「アトランティス大陸は実在する」、「ひらがなより古い日本独自の文字が使われていた」といった言説は、一見、バカバカしい。バカバカしいが、いまなお、書店の一角を占め、結構な部数が売れ続けている分野でもある。さらに重要なことに、このような偽史言説が、社会的な意味を持ち得たこともあるのだ。
 本シンポジウムでは、このような、アカデミックな歴史家によって承認された歴史記述に対抗する、古史古伝、同祖論、地方史、民俗伝説、異世界論、陰謀説といったオルタナティブな歴史物語(偽史)をとりあげ、そのテクストの生成・機能・受容を、背景となる思想や社会といった観点から分析する。偽史というレンズを通すことで、近代日本における思想と社会の関係、そして社会における歴史思想のあり方を問いなおしてみたい。

 

プログラム

 

11月7日(土)

14:00-14:10 小澤実(立教大学

 偽史言説へのアプローチ

第1部:神代史という伏流

14:15-15:15 三ツ松誠(佐賀大学

 神代文字と平田国学

15:30-16:30 永岡崇(日本学術振興会

 自己増殖する偽史竹内文献の旅と帝国日本

第2部:「歴史」の創造

16:45-17:45 馬部隆弘(大阪大谷大学

 偽文書「椿井文書」が受容される理由

 

11月8日(日)

10:00-11:00 石川巧立教大学

 戦時下のプロパガンダ:小谷部全一郎『成吉思汗ハ源義経也』を読む

11:15-12:15 長谷川亮一(千葉大学

 「日本古代史」を語るということ:「皇国史観」と「偽史」のはざま

第3部:海外偽史との接触

14:00-15:00 庄子大亮(関西大学

 「失われた大陸」言説の系譜:日本にとってのアトランティスムー大陸

15:15-16:15 津城寛文(筑波大学

 日猶同祖論:旧約預言から『ダ・ヴィンチ・コード』まで

16:30-17:30 高尾千津子(東京医科歯科大学

 ユダヤ陰謀説:日本における「シオン議定書」の伝播と受容

 

レジュメはこちら:

第1部

近代日本の偽史言説レジュメ(第1部) - グローバルヒストリーのなかの近代歴史学

第2部

近代日本の偽史言説レジュメ(第2部) - グローバルヒストリーのなかの近代歴史学

第3部

近代日本の偽史言説レジュメ(第3部) - グローバルヒストリーのなかの近代歴史学

 

講師プロフィール

石川巧(Takumi ISHIKAWA):

立教大学大学院文学研究科博士課程満期退学。立教大学文学部教授。

主著に「群衆とは何者か? : 歴史小説における〈一揆〉の表象」『敍説. 3 : 文学批評』12(2015):111-122、『高度経済成長期の文学』(ひつじ書房、2012年)、『「いい文章」ってなんだ? 入試作文・小論文の歴史』(ちくま新書、2010年)他。

 

小澤実(Minoru OZAWA):

東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。立教大学文学部准教授

共著に、『北西ユーラシアの歴史空間』(長縄宣博と共編、北海道大学出版会、近刊)、『知のミクロコスモス』(ヒロ・ヒライと共編、中央公論新社、2014年)、『イタリア古寺巡礼』(金沢百枝と共著、2010-12年)、『辺境のダイナミズム』(薩摩秀登・林邦夫と共著、岩波書店、2009年) 他。

 

庄子大亮(Daisuke SHOJI):

京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。関西大学など非常勤講師。

主著に、「ギリシア神話を学ぶ」斎藤英喜編『神話伝承学への招待』(思文閣出版、2015年、第10章)、『アトランティス・ミステリー』(PHP新書、2009年)、「古典期アテナイにおけるテセウス伝説」『古代文化』57-1(2005):17-29他。

 

高尾千津子(Chizuko TAKAO):

早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了(博士)。東京医科歯科大学教養学部教授。

主著に、「シベリア出兵と『シオン議定書』の伝播1919-1922」『ユダヤイスラエル研究』27(2013):23-36、『ロシアとユダヤ人 苦悩の歴史と現在』(東洋書店、2014年)、『ソ連農業集団化の原点 ソヴィエト体制とアメリカユダヤ人』(彩流社、2006年)他。

 

津城寛文(Hirofumi TSUSHIRO):

東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。文学博士(國學院大学)。筑波大学人文社会系教授。

主著に、『社会的宗教と他界的宗教とのあいだ 見え隠れする死者』(世界思想社、2011年)、『「霊」の探究 : 近代スピリチュアリズムと宗教学』(春秋社、2005年)、『〈公共宗教〉の光と影』(春秋社、2005年)他。

 

永岡崇(Takashi NAGAOKA):

大阪大学大学院文学研究科博士課程修了(博士)。日本学術振興会特別研究員。

主著に、『新宗教と総力戦』(名古屋大学出版会、2015年)、「富士講的妄想力の近代: 丸山教と問い」『現代思想』41巻14号(2013):122-131「宗教文化は誰のものか : 『大本七十年史』編纂事業をめぐって」『日本研究』47(2013):127-169他。

 

長谷川亮一(Ryoichi HASEGAWA):

千葉大学大学院教育学研究科博士課程修了(博士)。千葉大学文学部非常勤講師。

主著に、『地図から消えた島々 幻の日本領と南洋探検家たち』(吉川弘文館、2011年)、『「皇国史観」という問題』(白澤社、2008年)、「近代日本における「偽史」の系譜 日本人起源論を中心として」『季刊邪馬台国』65(1998):163-179他。

 

馬部隆弘(Takahiro BABE):

大阪大学大学院文学研究科博士課程修了(博士)。大阪大谷大学文学部講師。

主著に、「細川国慶の上洛戦と京都支配」『日本史研究』623(2014):28-56、『枚方の歴史』(共著、松籟社  、2013年)、「蝦夷の首長アテルイ枚方市 官民一体となった史蹟の捏造」『史敏』3(2006):72-90他。

 

三ツ松誠(Makoto MITSUMATSU):

東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(博士)。佐賀大学地域学歴史文化研究センター講師。

主著に、「宗教 平田篤胤の弟子とライバルたち」河野有理編『近代日本政治思想史 荻生徂徠から網野善彦まで』(ナカニシヤ出版、2014年):79-101、「嘉永期の気吹舎―平田銕胤と「幽界物語」―」『日本史研究』596(2012):1-24、「「みよさし」論の再検討」藤田覚編『十八世紀日本の政治と外交』(山川出版社、2010年):131-159他。

 

 

トンデモ偽史の世界

トンデモ偽史の世界

 

  

偽史冒険世界―カルト本の百年 (ちくま文庫)

偽史冒険世界―カルト本の百年 (ちくま文庫)

 

  

日本の偽書 (文春新書)

日本の偽書 (文春新書)