読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバルヒストリーのなかの近代歴史学

平成26年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR共同プロジェクト研究)

第6回研究会(2015年2月4日)

日時:2015年2月4日(水)17:00-

場所:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館第1・第2会議室

報告者と報告タイトル:

1.中野弘喜(東京大学出版会)「史学の「理論」と「概論」-明治期歴史叙述方法論の振幅」(仮)
2.太田智己(東京藝術大学)「1930~50年代の美術史学文献史学への接近」(仮)

 

 本報告は、先だって史学会大会で設けられたシンポジウム「近代日本のヒストリオグラフィー」(http://historiographyinglobalhistory.hateblo.jp/entry/2014/09/02/082059)の継続となります。

 

 参考文献

 

重野安繹と久米邦武―「正史」を夢みた歴史家 (日本史リブレット人)

重野安繹と久米邦武―「正史」を夢みた歴史家 (日本史リブレット人)

 

 

 

太田智己「日本美術史研究の「科学」化志向—1930年代を中心に」『美学』第243号(2013年)49-60頁

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009688620