読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバルヒストリーのなかの近代歴史学

平成26年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR共同プロジェクト研究)

第1回研究会(2014年10月30日)

日時:2014年10月30日(木)18:30-

場所:立教大学池袋キャンパス12号館地下第1会議室

報告者:小澤実(立教大学文学部)

報告タイトル:平泉澄と西洋学知 『中世に於ける社寺と社會との関係』におけるアジール論の検討

 

本報告では、史学上皇国史観の唱道者として知られる平泉澄(1895-1984)の著作『中世に於ける社寺と社會との関係』(1926)に見られるアジール論を検討し、1920年代日本における西洋学知の受容の一部を明かとする。

 

参考文献:

若井敏明『平泉澄 み国のために我つくさなむ』(ミネルヴァ書房、2006年)

植村和秀『丸山眞男平泉澄 昭和期日本の政治主義』(柏書房、2004)

平泉澄―み国のために我つくさなむ (ミネルヴァ日本評伝選)

平泉澄―み国のために我つくさなむ (ミネルヴァ日本評伝選)

 

 

丸山眞男と平泉澄?昭和期日本の政治主義

丸山眞男と平泉澄?昭和期日本の政治主義